Calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

イタリア ⑥

やっと・・・ついに・・・長々と書いた、イタリア旅行日記、最後です。

最終日はヴァチカン市国の美術館。ローマ法王たちがルネサンス時代から収集した作品がたくさん保存されています。

ツアーで行ったため、2時間ぐらい待ってる方を横目にスッと入れました。ヨーロッパはツアーの方が良いそうです☆

921.JPG

廊下も全てモザイクや彫刻で出来ていて、一つづつを見て回るときっと何日もかかるでしょう。

目玉のシスティーナ礼拝堂は、写真×の為、撮れませんでしたが、いろいろなこと想像して鑑賞しました。ミケランジェロは天井にモザイクを作る時に首や肩は凝らなかったのだろうか、とかしょうもないことまで。。。

アダムとイブの創造、ノアの洪水、モーゼ・・・全部見入ってしまいました。高校生の時、モーゼの「十戒」を見て物凄く印象的だったので、この天井画もとっても楽しみにしていました。(古臭い高校生・・・)

それに、一番大きな壁画「最後の審判」を見れたことは一番の感動でした。

7日間の旅行で毎日移動。大変だったけど、素晴らしい芸術作品を見れて良い旅になりました~♪次にイタリアに来れるのはいつかな??

最後に、このイタリアで一番大活躍したもの「ボ撮るんです」。

その名の通り、ペットボトルにつけて写真を撮るアイテム。たくさんの外国の方から怪しい目でみられ、その度の私の決まり文句「ジャパニーズ アイデア!!」。1000枚も写真を撮り、8時間もビデオをまわしたイタリア旅行は、これを無くして語れません!!ヨドバシカメラへレッツゴー♪

506.JPG

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

イタリア ⑤

次の日はナポリ→ローマへ、約4時間。移動ばっかりで、腰痛もちの私の腰は、そろそろ悲鳴をあげています↓↓

まずはヴァチカン市国のサンピエトロ寺院。

668.JPG

国を守るスイス兵。お給料は20万円ぐらいらしい・・・フフフ。

674.JPG

ミケランジェロ作「ピエタ」。

688.JPG

マリア様がキリストを抱いているピエタ像は、キリストの設定が少し若すぎる!?と言われているそうです。

私の通っていた学校は、カトリックのミッションスクールだったので、宗教の時間があり、みんなが寝ている中(笑)一人で聖書をパラパラ読んでいたお蔭で、たくさんの教会をめぐり、ほとんどの人がキリスト教というイタリアは、個人的にとても楽しめて、勉強になりました☆


映画「アマルフィ」でスリにあうシーン、サンタアンジェロ城。

719.JPG

ローマ帝国の栄光を物語る「フォロロマーノ」。車窓からしか見れず、残念。

725.JPG

そしてコロッセオ!!

736.JPG

スケールの大きさに圧倒されました。猛獣対人間を戦わせたコロッセオ、ここで何人もの奴隷達が死んでいったことを考えると、ローマ帝国はたくさんの歴史や遺産を残しながらも、犠牲になるものが多かったんでしょう・・・。

コロッセオの前にいるグラディエーターの格好をしている人と写真を撮るには1枚1000円。でもどうしても撮りたい・・・ただで撮る方法はないか!?と考えた私。

大学で勉強して、全く出来なかったイタリア語で「ジャポーネ、プリンチペッサ」(日本の女王様です)と言ったら、ただで撮らしてくれました。が、KISSをされそうになり悲鳴をあげてる私の顔があまりにもおかしかったのでUPします。イタリア行く方は、使ってください。無料で写真が撮れます!バチがあたるかも・・・。

742.JPG

トレビの泉。意外と水が綺麗でびっくりしました。

779.JPG

この写真、2人のもたれ具合が、80年代の写真の撮り方ぽくて気にいってます(笑)

スペイン広場。暑すぎて、オードリーのように颯爽と歩けません。

812.JPG

特別にお願いして連れて行って頂いた、真実の口。ハーバーランドにある嘘ものとは全然!?違いました。。。

842.JPG

サッカーの中田がよく食べていたというアイス。味は普通~~(笑)

861.JPG

そして自由時間。歩きすぎておかしなテンションに↑

イタリア行くなら、スニーカーが必須です!!!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

イタリア ④

次の日はユーロスターに乗ってナポリへ。

約4時間ある車内、寝るかと思いきやトークが炸裂!!よく笑いました~。

ナポリの街は驚くほどゴミだらけで、びっくり。「ナポリを見て死ね」という言葉があるそうですが、ほんとかな~。ゴミにびっくりしましたが。。。

そして、船に乗ってカプリ島へ。

501.JPG

今回の目玉イベント「青の洞窟」ツアーです。ちょうど2009年9月9日、お天気も晴れ、絶対見れる!!と確信して乗りこみましたが・・・

514.JPG

そんなことってあるの~~~!!!とっても楽しみにしていただけに、残念。とりあえず洞窟の前まで行ってみようということで行きましたが、見て納得。波が高すぎて、絶対入れる状況ではありませんでした。

こんなに揺れる船は初めて!というほど大揺れの中、みんな酔い気味。ユカも急に静かに、、、(笑)ユキと私だけキャッキャッ元気でした(^^:)

583.JPG

その後、ポンペイ遺跡へ。

世界遺産好きの私としたら、実は一番楽しみにしていたのがポンペイ。2000年前の町並みですが、今と変わらない文化レベルの高さに、なんだか不思議~な気分になりました。ということは、今の町並みもいつかはつぶれて、2000年後の人に発見されたりするのか・・・、妄想だけでご飯が食べれる!!(笑)

605.JPG

骨と歯が残っているところから複製された、2000年前のポンペイ人。お腹につけていたベルトから、奴隷だったということがわかるそう。

618.JPG

街中遺跡や世界遺産だらけのイタリア。すごい国です。そしてローマに移動~♪
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

イタリア ③

3日目はフィレンツェに移動↑

375.JPG

アルノ川のほちりに赤レンガと石畳の街並みが広がるフィレンツェの街は、イタリア歌曲「オーミオバッビーノ」を連想させる、素敵な街でした。もちろん歩きながら、頭に流れる曲はコレ。どうやら2人曰く、私は日頃から、鼻歌が多いらしい♪

385.JPG

ミケランジェロの傑作、ダビデ像は美術館にあるため、これはレプリカ。ダビデさん、羊飼いだったんですね。。。

その後は歩いてウッフィッチ美術館へ☆

392.JPG

なんか私楽しそう・・・(笑)

美術館は写真禁止なので、撮れませんでしたが、私でも知っている「ヴィーナスの誕生」、「春」、「受胎告知」などの名画が観れて感激!ガイドさんの分かりやすい説明のおかげで、より楽しめました。

窓からはボンテヴェッキオが!宝石の仕事をしている父に、幼い頃から何度も何度も聞いた名前。実際見れたのは、とっても嬉しかったです♪

403.JPG

そして、ドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂を観て、フィレンツェ終了!何個か大聖堂を観ている間に、すっかり目が慣れてしまいました(笑)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

イタリア ② 

イタリア2日目は、ヴェネツィア。

今回の旅行で一番素敵だった場所♪イタリアにまだ行ったことのない方は、絶対ヴェネツィアだけは行くべきです!!!

ボートに乗ってヴェネツィアまで行くだけで、川のほとりにある街並みに3人とも感激。本当に映画のような景色なんです。

214.JPG

サンマルコ寺院とナポレオンが世界一美しいと言った、サンマルコ広場。

256.JPG

大理石とモザイクで出来た寺院は荘厳な雰囲気。。。

257.JPG

楽しそう~に見えますが、実際は鳩嫌いの3人組。あまりにも鳩の多さにギャーギャー言いまくり・・・。こんなに鳩の大群を観たのは初めて(笑)というか、鳩が飛びすぎて、顔にぶつかりそうなんです。

そして今回のお目当て、ゴンドラへ。

283.JPG

もっとたくさん写真を撮ったのに、自分の顔があまりにもオノヨーコみたいで、載せれません。。。残念!!!

322.JPG

「白い巨像」といわれるリアルト橋からの風景は、優雅でとってもキレイ☆

339.JPG

もう一度イタリアに行けるとしたら・・・ヴェネツィアが1番です♪
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70

このページの先頭へ